キッズアース播磨町校「共明塾」

ブログ・お知らせ

【明石市編①兵庫県立明石公園】東播磨ファンタジースタンプラリー

    03_自由研究,05_見学・おでかけ,社会
兵庫県の理科実験教室キッズアース播磨町校です。
サイエンスショーや、Youtubeでの「1分間実験動画」配信なども行っています。
お気軽にお問合せください。

さて、東播磨地域(高砂市・加古川市・稲美町・播磨町・明石市)で行われている「東播磨ファンタジースタンプラリー」についてお話しました(こちら)が、「高砂市編」を終えて、次は「明石市編」です。

明石市」の4つのポイントは


です。
どれも「明石らしい」スポットだと思います。
順番に見ていきましょう!



【兵庫県立明石公園(明石城)】


JRでも山陽電鉄でも、明石駅から北を望んだ時に、横に幅広く見えているのが「明石城」です。



明石城」に天守閣は当初からなく、建物として現存するのも「巽櫓(たつみやぐら)」と「坤櫓(ひつじさるやぐら)」だけです。
これらについては以前、こんな記事を書いています。


さて、明石城は、幕府の命により、西国諸国への備えの要として築城されました。

築城を命じられた初代藩主が、織田信長公と徳川家康公を曽祖父に持ち、当時の姫路城主の女婿(むすめむこ)でもあった小笠原忠政公です。
この経緯や、明石城の歴史については、「マンガでわかる明石城」が詳しいので、是非読んでみてください。
なんと、宮本武蔵も登場します。

今では、広い城跡全体が、兵庫県立明石公園として整備され、市民の広場になっており、毎月のように様々なイベントが開かれています。
(今年はコロナ禍のため、縮小を余儀なくされていますが)

公式サイトはこちら

  


この明石城を上って東に進んだところにあるのが、次の目的地「明石市立文化博物館」です。



    宮本武蔵,坤,坤櫓,巽,巽櫓,兵庫,兵庫県,明石,明石公園,明石城,明石市